海じゃなく山?


海辺を歩き、他のビーチコーマーの方々の発信される本やブログをチェックするうちに、「世の中にはこんなものがあるんだ!」「こんなのいつか拾ってみたい!」と感じるようなものが、頭の片隅に溜まっていきます。

「知ってはいるけど見たことのないもの」

そんなものに、海辺ではなく、思いもよらない場所でふと出会うこともあります。


f0373796_21564809.jpg

主人の実家、山の麓ですが、かつては城下町だったそうです。
近所の空き地に紅皿がコロリ。

f0373796_21595088.jpg

統制ボタンや、

f0373796_22003456.jpg

f0373796_22005098.jpg

小さなままごと食器(すりばち)。

みやこ染めの小瓶や、割れた目薬瓶なども転がっていたり。


先祖代々受け継がれてきた土地。
海揚がりのものよりも使っていた人の顔が見えてきそうで、波に揉まれたものより状態もかなり良いぶん、なんとなく背筋が伸びる感じがします。




[PR]
Commented by beachcomberjp at 2016-10-06 16:31
わはは・・・そっちの道へも浜られましたか!
通称・ハケと呼ばれるゴミ捨て場を探したりして、そっち方面に転向していく人もまま、見られます。(笑)
たしかに波に洗われ、砂で磨かれたものと違い元の形を保っています。
ただ、オレは砂で磨かれ原形をとどめなくとも、海揚がりのモノを好んでいます。(笑)

空き地に転がる茶碗の欠片にはあまり手が出ませんが、、海で磨かれた由緒正しい陶片には、つい手が伸びます。(笑)


Commented by chidori73 at 2016-10-06 21:29
Shigeさん、ありがとうございます。
アップしておいて何なんですが、私もそうなんです。
ある程度出自の知れそうな姿形のキレイに残ったものよりも、どこの(誰の)ものだか分からない、波に漂白されきったようなものの方が、やはり好きなんですよね。
ハケも興味はありますが、どうもモノ自体の存在感や、後ろに透けて見えるそれを使っていたであろうヒトの気配が濃く感じられすぎて・・・とはいいながらも、かわいいものや貴重なものとの思いがけない出会いは、やはり捨て置けない自分もいます(笑)
Commented by beachcomberjp at 2016-10-06 21:52
はいはい、その気持ちもよ~くわかります。
ちょっとバイクで山のほうに出かけたときなども、割れたビンなどの露出したハケっぽい所があれば、ちょっと停めて見てしまいますし、青い神薬壜でもあれば、大喜びでポケットに!(笑)(笑)

下を向いて歩こう♪が止められません。
Commented by chidori73 at 2016-10-06 23:41
Shigeさん

あ、神薬も憧れです(笑)

なんだかんだ言いつつ、出会った場所が山であったとしても、やはり私は嬉々として拾うことでしょう(笑)
by chidori73 | 2016-10-05 21:48 | Comments(4)