13年ぶり!


暑い...
抱っこひもで子連れでも、快適に浜歩きが出来るようになったと喜んでいたのもつかの間、暖かいを通り越し暑いほどの日差しになってきました。
そして米俵のように重くなる子ども。部活のトレーニングか罰ゲームのようだと思いながらも、歩かずにはいられません...。

f0373796_11194723.jpg


岩美町の漁港。
漂着シーズンは終わり、なんにもありません!ひたすらに天気だけはいいのがちょっと恨めしくなります。

f0373796_11212659.jpg


汗だく手ぶらで端っこまで来てしまいました。
...あれ?

f0373796_11223123.jpg


日差しが強すぎて写りが悪いですが、これは!

f0373796_11232824.jpg


もしかしてイトマキヒタチオビでは!

思い起こせば浜歩きを始めたばかりの頃、一度だけこの貝の欠片を拾ったことがありました。が、半分もないようなサイズだったので「また拾えるだろう」と浜に放置したのです。
無知ゆえの失敗!!

あれから13年...何度後悔したでしょう。まさか再会がこんなにも先になるとは...。
捨てることはいつでも出来る(でも意外と捨てられない)。気になったらとにかく拾え!改めて感じた瞬間でした。

f0373796_11303589.jpg


f0373796_11305035.jpg



[PR]
# by chidori73 | 2017-04-25 11:10 | | Comments(4)

パンギノキ???


もう4月も目前!

ようやく赤ちゃん連れでも海歩きが快適にできる気候になってきました。

今年も引っ越しもなく平穏な春を迎えることができました。
主人も休みで長男も春休み。うららかな平日に一家で海歩き、贅沢でありがたい1日です。


f0373796_15541875.jpg


浦富の海岸、ベタ凪で歩けば暑いくらいです。


真冬に砂浜を越えて波風に寄せられたものに混じって、地元で「シャーラ舟」と呼ばれる、初盆に死者をおくる精霊舟が流れ着いていました。


f0373796_17185164.jpg



シャーラ舟、今も鳥取県中部の町で細々と作られているようですが、それが長崎の壱岐島に流れ着いたことがある、という記事を昨年新聞で見かけました。海流は不思議です。



f0373796_17232943.jpg



マメでもないかと歩いていると...


f0373796_18210812.jpg



こ、この血管のような模様、ずっとネットで眺めてきたアレに似てます。
(家事疲れした自分の手の方が気になりますが145.png)

もっと黒っぽいものだと思ってました。よく言われるように、油臭くもありません...極めつけはこれ。

f0373796_23180246.jpg


まるでクリみたいです...。
これ、パンギノキで間違いないのでしょうか???


[PR]
# by chidori73 | 2017-03-30 15:32 | マメやタネ | Comments(2)

年始はガラス浮き


もう2月に入りますね。
遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします001.gif

1月は3、4回ほど海を歩く機会がありました。
山陰は豪雪に見舞われいつもより海が遠く感じられた月でしたが、意外と行ってますね。

1月10日、鳥取砂丘東側の浜です。
一見なんにもありません。とにかくいい天気。

f0373796_20513272.jpg


暖かでしあわせな初歩きで見つけたのは、

f0373796_20525863.jpg


f0373796_20531939.jpg


緑のガラス浮きです!

これは幸先いいなとさらに歩くこと10分。

f0373796_20551297.jpg


なんと二個目が!
今度はくすんだ緑で、半分は付着物で真っ白でした。

ほんの30分の浜歩きで浮き玉二個。
珍しい初歩きになりました。


そして本日、小雪ちらつく浦富海岸を十数分だけ歩いてきました。
と、ここでも。

f0373796_21274964.jpg


海草が付着して磯の香りいっぱいのガラス浮きが。


妙にガラス浮きばかりに出会う変わった年始でした。
大きさはどれも7~8センチほどでした。
まだまだ現役で使われているのでしょうか?


[PR]
# by chidori73 | 2017-01-31 19:05 | Comments(2)

今年もやって来ました!


11月26日、鳥取・浦富海岸のあたりを歩いて来ました。
天気予報がはずれ、思いがけない晴天に、予定を変更しての海歩きでした。


主に関西方面からのサーファーさんで溢れる羽尾。
波打ち際で貝を探し、戻りは種子狙いで上の方・・・

f0373796_21160913.jpg


で、今年初のアオイガイ。
多分結構前のもの。かなり荒れた時に揚がったと思われます。中サイズです。

f0373796_21202239.jpg

初めて浜辺で見つけた時の感動はものすごいものでしたが、こちらではあまり珍しくないため拾う人も少ないようです。

今年もこの季節がやって来ました。





[PR]
# by chidori73 | 2016-11-28 21:11 | Comments(5)

海じゃなく公園?


家の近くに新しく出来た公園。

芝生を育てるために撒いてある砂が、海から来ているようで・・・

f0373796_13161661.jpg

海まで1時間の山の中で、ちまちまと貝拾いしました。
元気に遊んでいる子供たちに混じって、這いつくばるようにして延々と何かを拾っているいいオトナ(外見だけ)。
不審者極まりない光景です。

ワタゾココトツブやハラブトツノガイ、ツノオリイレガイ、オニアラボリロウバイ?あたりか、そうじゃないのか・・・
この他アコヤエビスなどもあり、もしかして深い海の貝かなと思うのですが、図鑑を探してもあやふやです。
日本のどの辺りの海から来た砂なのか・・・。

f0373796_13262979.jpg

f0373796_13265498.jpg

右、ウサギさん系でしょうか?
左、見覚えあるような形ですが、なんでしょう。

f0373796_13295453.jpg

テイラーキヌヅツミでしょうか。写真が下手で小さい!
もしこれらの写真でも名前が分かる方がいらっしゃったら、教えていただけたら嬉しいです。

まさか山陰の山の中でウサギさんたちを拾うとは、夢にも思いませんでした(笑)



[PR]
# by chidori73 | 2016-10-09 13:13 | Comments(10)

海じゃなく山?


海辺を歩き、他のビーチコーマーの方々の発信される本やブログをチェックするうちに、「世の中にはこんなものがあるんだ!」「こんなのいつか拾ってみたい!」と感じるようなものが、頭の片隅に溜まっていきます。

「知ってはいるけど見たことのないもの」

そんなものに、海辺ではなく、思いもよらない場所でふと出会うこともあります。


f0373796_21564809.jpg

主人の実家、山の麓ですが、かつては城下町だったそうです。
近所の空き地に紅皿がコロリ。

f0373796_21595088.jpg

統制ボタンや、

f0373796_22003456.jpg

f0373796_22005098.jpg

小さなままごと食器(すりばち)。

みやこ染めの小瓶や、割れた目薬瓶なども転がっていたり。


先祖代々受け継がれてきた土地。
海揚がりのものよりも使っていた人の顔が見えてきそうで、波に揉まれたものより状態もかなり良いぶん、なんとなく背筋が伸びる感じがします。




[PR]
# by chidori73 | 2016-10-05 21:48 | Comments(4)

浦富海岸、シオヤガイ?


9月はじめ、鳥取・浦富海岸。

浜を歩けばまだまだ汗ばむ陽気ですが、風も、景色も、やはりどこか秋らしくなりました。

f0373796_14424453.jpeg

前日は台風の影響で土砂降り。
河川はひどい濁流だったのですが、思いがけず浜はスッキリしていました。

拾った貝たち。

f0373796_14500498.jpeg

砂浜らしいラインナップです。
クリイロカメガイと、いつか完品を拾いたいスカシカシパンなど。

f0373796_14533104.jpeg

f0373796_14534765.jpeg

ひとつだけ、シオヤガイ??

検索してみたら、現在は紀伊半島以南の貝だが、縄文海進の時のものが半化石で見つかる、とありました。
これもそんな時代のものなのでしょうか??
海辺で拾う半化石の貝、全然見分けがつきません。



[PR]
# by chidori73 | 2016-09-11 14:46 | Comments(4)

京丹後の微小貝


モモタマナとジオクレアに出会った、京丹後・夕日ヶ浦。

もう少しじっくり探索してみたかったのですが、家族連れで時間もあまり無く、砂を持ち帰ってみることにしました。
お目当は微小貝です。

両手ですくったくらいの量の砂でしたが、その中には小さな貝たちが、こんなにたくさん紛れていました❗️

f0373796_13531721.jpeg

ちょっと大きいものでは、サクラガイの仲間、ナデシコやイトカケ系、カメガイなども・・・。

f0373796_13564215.jpg

特に多く思えたのはベニバイ、シタダミの仲間、特にヒナシタダミ、貝以外ではコメツブウニ?などでした。


肩は凝るし目も疲れるけど、家族が寝静まってからついつい、ピンセット片手に貝拾いに励んでしまいます。





[PR]
# by chidori73 | 2016-09-06 13:47 | Comments(2)